保育方針

きめの細かい、愛情豊かな保育を大切にしています。
安全で明るく楽しい幼稚園生活の中で、次のような子ども達を育てます。

教育目標

気持ちが豊かで明朗な子(あかるく) 自分のことが好きで安定した心を持つ。
自尊心自分を大切にする心。
気持ちの切り替えができる。
創造性に富み、個性豊かな子(たのしく) 感受性豊かで失敗を恐れない、失敗してもまたやろうと思える気持ちを持つ。
自分の好きな事を見つけ、選べる力。
イキイキとした好奇心。豊かな創造性。
よい友だち関係の作れる子(あたたかく) 自分を上手に出せて、相手を受け入れられる力を身に付ける。
多様性を自然に受け入れられるおおらかさ。

教育方針

  • 一人一人が育とうとする力を信じて、引出し、サポートし、根付かせる。
  • 見通しの持てる生活や活動によって自立を促す。遊びを通して全身の発達を促す。
  • 人との関わりの中で言葉を育てる。
  • 達成感、自信、他者からの同意、共感を体験して自尊心を育てる。

目指す教師像

  • 職員間のコミュニケーションをよくとり、園全体で子ども達を育てている意識を持つ。
  • 明るいトーンの会話、表情を心がけ、子どもが自発的に「やってみたい」と思える保育を行う。
  • 生活や活動に見通しを持たせ、環境を整え、誰もがわかりやすい伝え方をする。
  • 一人一人の個性や表現を認め寄り添い、子どもの良いところをたくさん見つけ引き出そうとする。
  • 今まで通りにこだわらず、より良い保育を求め工夫し、学び、研究する。