カテゴリー: すみれだより

すみれコンサート

今年の開園記念行事は「すみれコンサート」と称して音楽会を行います。

数年前から音楽遊びの研修を実施していましたが、この夏は年齢に応じた選曲、編曲、合奏、指揮のポイントなど園内研修を行いました。

 

子どもたちは、普段の遊びの中でリズム遊びを楽しんだり、指揮に合わせて楽器鳴らしたりしてきました。色んな楽器を交代で演奏してきているので、どの楽器になってもしっかり指揮を見て演奏できています。学年単位での発表ですが、合同練習は数回程度です。それでも音が合うのは、指揮をよく見て合わせることができるから。日ごろの楽器遊びの成果が出ています。

年長さんは司会者、挨拶担当、音階楽器、打楽器の中から希望を聞き取りしました。「次回の発表会で目立つ役をしたいから、今回の音楽発表会では希望通りでなくともいい!」「音階楽器より、打楽器のほうが出番が多い!」という子もいたようです。見通しが持てているからこその考えに感心します。

年中さんは、担当楽器をオーディションで決めました。希望が通って喜ぶ子、残念な結果になって悔しい思いをする子。悔し泣きをする子に寄り添う子。自分のことだけでなく、お友だちの感情にそっと寄り添える あたたかい子が多くて嬉しく思います。

 

難しい楽曲を何度も練習するのではなく、日ごろの音楽遊びを通してできるようになったことをお見せする発表会(コンサート)です。プロの演奏や職員劇も予定しています。みんなで、69回目の開園記念のお祝いを盛り上げていきたいです。

どうぞお楽しみに!

生き物の観察

夏休み前から一部のクラスで飼っていたカブトムシ。図鑑を見ながら観察し、毎日餌をあげてお世話。夏休みの間は預かり保育の子どもたちがお世話をしてくれていました。残念ながら、寿命なのか夏休みの間に死んでしまいました。

でも、卵を産んでいたので年中クラスでその幼虫を飼っています。先日は大量の糞を処分して新しい土を入れ替えてました。成虫になるのが楽しみな様子です。

 

 

そして、9月。近所でアゲハの卵を見つけたので事務所の前で育てたところ、あおむしになって、さなぎになり9月に1匹、10月に1匹、アゲハ蝶になりました。(残りの二匹はいまださなぎのままで、半月を過ぎようとしています・・)

アゲハ蝶を虫カゴから外へ出してあげるのは、おひさまルームの子どもたちにお願いしました。かごから飛び出したアゲハ蝶が先生の胸に止まるハプニングがありましたがとんでいく様子を一生懸命手を振って応援していました。

 

いよいよ運動会です

明日は子どもたちが待ちに待ってた運動会です。

年少組は元気にお遊戯。親子競技もぬいぐるみを子どもに見立てて練習しました。

   

年中の玉入れを年少さんが応援!バルーンも頑張っています。

年長はリレーの走者順会議。組体操もソーラン節もお楽しみに!

 

リハーサルの様子も動画公開中です。

お天気になりますように!!

二学期が始まります!

長い夏休み中のおひさまルーム(預かり保育)は就労理由の方のみご利用でした。この夏は異常事態ともいえる暑さだったため、外遊びも水遊びあまりできない状態でした。制作やゲームをしたり、LaQに熱中したり、おままごとを楽しんだり、それぞれが好きな遊びを楽しんでいました。夏期おひさまの様子は近日中に動画公開予定です。

 

そして、8月末は毎年親子レクがあります。今年も年長さんはTシャツを染めました。

 

染めている間にお泊り保育の写真上映会をしました。出来上がったTシャツで運動会です!

いよいよ マラソン大会

マラソン大会に向けて園の周りで練習を重ねてきました。初めのころは泣きながら走っていた子も、練習を重ねるうちに諦めずに完走するようになってきました。

園の外周はアップダウンがあるので、陸上競技場での本番は順位も変わってくるかもしれません。外周練習の見守りのお手伝いに来てくださった保護者の皆様、暑い中ありがとうございました。明日は自分なりの目標を定めて頑張りますので、大きな声援をお願いいたします!

園内研修

入園から一か月がたち、年少さんたちも園生活に慣れてきたようです。(近いうちにFBで動画公開予定です。)

さて、5月に園内研修を二回実施しました。

一つ目は姉妹園と合同で「協同制作 土粘土」課外教室でお世話になっている、美術による教育の会の先生をお招きして実施しました。

土粘土の感触の気持ちよさを感じながら、「木をつくってみよう」からはじまり、丸を作って積み重ねゲームが始まったり、それぞれが作った木の周りに置きたいものをつくったりどんどん展開していき、いつの間にか個人の作品からグループの作品、最後には参加者全員の協同作品になりました。

皆で作ったものを壊してしまう(片付け)切なさを実感しつつ、その塊を使ってグループで一つの物を作りました。

 

もう一つの研修は「合奏 鍵盤ハーモニカ」でした。

昨年末にもおいでいただいた、鍵盤ハーモニカ奏者の妹尾美穂先生にまたご指導お願いしました。楽しいリズム遊びから打楽器を使った即興のアンサンブルは大盛り上がり。鍵盤ハーモニカでの演奏もパートの工夫や指導のポイントもアドバイスいただきました。

 

どちらの研修もとても楽しく、研修翌日に保育に取り入れたクラスもありました。今まで通りにこだわらず、より良い保育が出来るようこれからも研究を重ねてまいります。

ご卒園、ご終業おめでとございます

お遊戯会が終わってもまだまだ劇遊びをしたい子どもたち。いつものことですが、テラスを舞台に見立てて踊ったりセリフを言ったり。自分のクラスの劇だけでなく、違うクラスや学年、職員劇の踊りも一緒になって踊りまくっていました。

卒園式前日は年長さんの希望を優先しつつ、どちらにも人気だった「プリキュア(職員劇)」も大勢で。その様子を見ている年少さんも「てぶくろかけて」と初リクエスト。年少さんが恥ずかしそうに踊る様子を見ていた年長さんは「ばら組さん、かわいーーーーー!!!」と取り囲んでいました。

 

不安で泣いていた子どもたちも、笑顔で成増すみれ幼稚園を巣立っていきました。さみしくなって泣いてしまう子もいましたが、門を出るときには笑顔で「バイバイ」

みんなランドセル背負って遊びに来てくださいね。

来年度も子どもたちの笑顔あふれる あかるく たのしく あたたかい 幼稚園であるよう、職員一同気持ちを合わせてまいります。

雪あそび

昨日の昼前に振り出した雪。子どもたちは大喜びでうっすらと積もり始めた雪をかき集め雪合戦を始めました。 雪はみるみると積もっていき、預かり保育の子どもたちは雪だるまを作りました。

そして、今朝。チューリップを植えたプランターが埋もれて見えなくなるほど雪が積もってました。雪だるま、かまくらを作ったり雪合戦をしたり。汗びっしょりになるほど遊びました。

明日は凍結が心配ですね。