カテゴリー: 園紹介

ご卒園、ご終業おめでとございます

お遊戯会が終わってもまだまだ劇遊びをしたい子どもたち。いつものことですが、テラスを舞台に見立てて踊ったりセリフを言ったり。自分のクラスの劇だけでなく、違うクラスや学年、職員劇の踊りも一緒になって踊りまくっていました。

卒園式前日は年長さんの希望を優先しつつ、どちらにも人気だった「プリキュア(職員劇)」も大勢で。その様子を見ている年少さんも「てぶくろかけて」と初リクエスト。年少さんが恥ずかしそうに踊る様子を見ていた年長さんは「ばら組さん、かわいーーーーー!!!」と取り囲んでいました。

 

不安で泣いていた子どもたちも、笑顔で成増すみれ幼稚園を巣立っていきました。さみしくなって泣いてしまう子もいましたが、門を出るときには笑顔で「バイバイ」

みんなランドセル背負って遊びに来てくださいね。

来年度も子どもたちの笑顔あふれる あかるく たのしく あたたかい 幼稚園であるよう、職員一同気持ちを合わせてまいります。

おおきくなあれ

おひさまルームの子ども達が”ふうせんかずら”の種と”綿花”の苗を植えました。せっせとお水を上げたり、看板を作ったり。ふうせんかずらの芽も出てきて、これからもっと大きくなっていく様子を子どもたちと見守っていきます。

 

子ども中心宣言。

活動の中心を、子どもに置く。

大人が教え込む教育から、子どもの興味と自主性を育てる共育への転換。

すみれ幼稚園が目指している主体的な人づくりは、日々の丁寧な保育から生まれています。