日別: 2020年10月7日

運動会

今年度の運動会は和光市の総合体育館をお借りして実施する予定でしたが、人数制限等の規制もあったため、園庭で学年単位でやり方を見直しての実施となりました。園庭が狭いこともあり年少中は保護者の見学をご遠慮いただくこともあり、大変心苦しく思いながらの運動会となりました。

午前中は年中さん。お遊戯、玉入れ、かけっこ。普段の遊びの中で玉入れを楽しんでいましたが、始めのうちは自分が投げた球が入ったかどうかが楽しい様子。導入期間が短かったこともあり、2クラスで対決練習はあまりできませんでしたが、楽しいだけでなく「みんなで力を合わせよう」といった思いが生まれてきたようです。年少さんも真剣に見入っていました。

午後は年長さん。各家庭お一人のみの参観と制限させていただいて実施しました。前日のリレーは年中、年少さんも応援。なかなか勝てなかったチームがついに一位になり、子どもたちは大喜び。(担任も他の先生たちも号泣!)当日の結果をうけて負けてしまったチームは納得いかなかったようで、運動会が終わった今でも繰り返しリレーを楽しんでいます。

 

年中長の運動会とは別の日に、年少さんは運動会ごっこをしました。年中、年長さんの様子を見ている時も、どっちが勝ったか言い合ったり、「かけっこやりたい!僕だって早い!」と運動会に興味を持ったようでした。「みんなも運動会やってみる?」との担任の声掛けに「やりたい!」と大張り切り! いつもは大勢の観客に圧倒されがちな年少さんでしたが、生き生きとのびのびと楽しむことが出来ました。おゆうぎ、かけっこを一回ずつ行った後は、自分の好きな遊び。かけっこのゴールテープを持ちたい子、「よーいドン!」を言いたい子、ひたすらダンスを楽しむ子。年中さんがやっていた玉入れを曲に合わせて楽しむ子、年長のソーラン節を年中さんのお手本のもと楽しむ子。それぞれが興味を持った競技(遊び)を二時間近く楽しんでいました。

   

例年とは違う形での運動会ではありましたが、子どもたち中心に進めることが出来、また子どもたちも運動会を満喫できたようです。近いうちにFBで動画を更新します。